電子書籍ダウンロード

digital books download

電子書籍のダウンロード

当スクールの講習に申し込み頂き、誠にありがとうございました。当スクールの講習に申し込み頂いたお客様に特別に電子書籍を無料でプレゼントさせて頂いております。下記の「Download Now!」のボタンをクリックあるいはタップしますとPDFデータがダウンロードできますので、運転の練習にお役立てください。

ペーパードライバーのための
運転の教科書

【目 次】

はじめに

第1章 ペーパードライバーが抱える悩み

1.ブランクが長くても運転できるようになるのか
2.どんな練習をすれば運転が上手くなるのか
3.車の運転が怖くて一人で運転できない
4.車の運転に向いていない
5.車を持っていないので練習できない

第2章 ペーパードライバーを克服する方法

1.家族や知り合いに教えてもらう
2.自動車学校のペーパードライバー講習
3.出張型のペーパードライバースクール

第3章運転姿勢と運転装置の取り扱い

1.チェンジレバーの役割
2.駐車ブレーキ
3.ウィンカー、ベッドライト、ワイパー
4.運転姿勢とバックミラーの調節
5.エンジンのかけ方と発進停止

第4章すぐに役立つ交通ルール講座

1.信号の意味
2.車線通行帯の使い方
3.交差点の通行方法
4.標識と標示
5.駐車と停車

第5章安全運転の知識

1.信号の変わり目
2.交差点を右折する時
3.歩行者や自転車
4.住宅街
5.車間距離
6.進路変更
7.雨の日の運転
8.セルフスタンド
9.あおり運転

第6章 車庫入れの方法

1.車庫入れが難しい理由
2.後退する時のハンドル操作
3.後退の動き方の特徴
4.車庫入れの手順

第7章 自力でペーパードライバーを克服する

1.広い駐車場で基本操作の練習
2.交通量の少ない道路で交差点の練習
3.二車線以上の道路で進路変更
4.交通量の少ない住宅街の走行
5.車庫入れの練習

おわりに

ペーパードライバーのための
運転の教科書2

【目 次】

はじめに

信号交差点の直進
信号交差点の左折
信号交差点の右折
信号の変わり目
見切り発進
矢印信号
信号待ち

サンキュー事故
車間距離
速度
住宅街
進路変更
駐車車両
対向車が渋滞
高速道路
ウィンカー
バック
後続車

車両感覚
体調
精神
横断歩道
ドライブレコーダー
選択肢
気持ち

道路標識大全集

【目 次】

はじめに

第一章 規制標識

通行止め
車両通行止め
車両進入禁止
二輪の自動車以外の自動車通行止め
大型貨物自動車等通行止め
大型乗用自動車等通行止め
二輪の自動車、原動機付自転車通行止め
車両(組合せ)通行止め
自転車通行止め・自転車以外の軽車両通行止め
大型自動二輪車及び普通自動二輪車二人乗り通行禁止
車両横断禁止
転回禁止
追越しのための右側部分はみ出し通行禁止
追い越し禁止
危険物積載車両通行止め
駐停車禁止・駐車禁止
重量制限
最大幅・高さ制限
最高速度・最低速度
指定方向外進行禁止
時間制限駐車区間
自動車専用
自転車専用
自転車及び歩行者専用
歩行者専用
警笛鳴らせ
警笛区間
原動機付自転車の右折方法(二段階)
原動機付自転車の右折方法(小回り)
環状の交差点における右回り通行
一方通行
自転車一方通行
車両通行区分
特定の種類の車両の通行区分
けん引自動車の高速自動車国道通行区分
けん引自動車の自動車専用道路第一通行帯通行指定区間
専用通行帯
普通自転車専用通行帯
路線バス等優先通行帯
進行方向別通行区分
平行駐車・直角駐車・斜め駐車
徐行・前方優先道路
一時停止
歩行者通行止め・歩行者横断禁止

第二章 指示標識

平進可
軌道敷内通行可
駐車可・停車可
高齢運転者等標章自動車駐車可(停車可)
優先道路
中央線
停止線
横断歩道
自転車横断帯・横断歩道自転車横断帯
安全地帯
規制予告

第三章 警戒標識

交差点の形状を示した標識
ロータリーあり
道路の形状を示した標識
踏切あり
学校、幼稚園、保育所等あり
信号機あり
すべりやすい
落石のおそれあり
路面凹凸あり
合流交通あり
車線数減少・幅員減少
二方向交通
上り急こう配あり・下り急こう配あり
道路工事中
横風注意
動物が飛び出すおそれあり
その他の危険

第四章 案内標識

サービス・エリア、道の駅の予告
待避所
総重量限度緩和指定道路
高さ限度緩和指定道路

第五章 補助標識

距離・区域
日・時間
車の種類
始まり・区間内・区域内・終わり

おわりに

車庫入れ完全攻略本

【目 次】

はじめに

第一章 なぜ車庫入れは難しいのか

(1)四輪車の構造的な問題点
(2)四輪車と自転車との関係性
(3)運転免許制度の問題点

第二章 後退操作のメカニズム

(1)前輪の向きと動き方
(2)ハンドルの回転数
(3)内輪差と外輪差
(4)後退時の安全確認

第三章 効果的な練習方法

(1)ハンドルをまっすぐの状態に戻せるように
(2)狙った場所にバックできるように
(3)直角バックの曲がり具合を掴めるように
(4)幅寄せができるように

第四章 車庫入れの練習をする上での注意点

(1)車庫入れの練習をする場所
(2)輪止めについて
(3)練習相手は選んだ方が良い
(4)車庫入れはすぐに上達はしない

第五章 車庫入れの手順

第六章 車庫入れの応用テクニック

(1)特殊な駐車場での駐車方法
(2)有料駐車場での車庫入れ
(3)立体駐車場での車庫入れ

おわりに