自動車学校の仕組みについて運転免許について

免許を取るならマニュアル免許とオートマチック限定免許どっちがいいの?

免許を取るならマニュアル免許とオートマチック限定免許どっちがいいの?

普通免許を取ろうと思った時に一番最初に悩むのはこれではないでしょうか。車に興味があまりない方にとっては、そもそも普通免許にマニュアル免許とオートマチック限定免許とあることすら知らなかったという人もいるかもしれません。今回はマニュアル免許とオートマチック限定免許について説明していきますので、参考にしてください。

みなさんが普段乗っている車には、マニュアル車とオートマチック車の2種類の車があります。マニュアル免許を取得すると、マニュアル車とオートマチック車の両方の車を運転すること出来ますが、オートマチック限定免許の場合はオートマチック車しか運転することが出来ません。

では、マニュアル車とオートマチック車は何が違うのか?これは自転車で考えるとイメージしやすいです。みなさんも今まで色んな自転車に乗ってきたと思いますが、変速が出来る自転車に乗ったことがありますでしょうか。

変速機付の自転車はハンドルのグリップ部分でギアチェンジが出来るようになっているタイプが多いですが、スピードに合わせてギアを1速→2速→3速と変えていきます。このように自分でギアを選択して変えていくタイプの車がマニュアル車になります。

それに対して、オートマチック車はそのギアチェンジの操作を機械が自動的にやってくれるタイプの車になります。オートマチック車はマニュアル車に比べるとギアチェンジの操作がない分、運転がしやすいのが大きな特徴になります。

では、現在の車はマニュアル車とオートマチック車、どちらが多いのでしょうか?ご存知の方も多いと思いますが、圧倒的にオートマチック車の方が多いです。普通乗用車に関しては現在マニュアル車はほとんど販売されていないので、10代20代の方になるとマニュアル車自体を一度も見たことがないかもしれません。

そうなると、運転免許はオートマチック限定を取れば問題ないのでは?と考えると思います。実はそう簡単な話ではないのです。例えば、四輪車の運転免許で言うと、普通免許以外に準中型免許、中型免許、大型免許などがありますが、それらの運転免許にはオートマチック限定免許がありません。したがって、中型免許や大型免許を取ろうとする場合はその教習車ももちろんマニュアル車になりますので、普通免許をオートマチック限定免許で取ってしまうとその時にかなり苦戦することになります。

他にも就職をする時にマニュアル免許が必要になってくることがあります。よくあるのが、自動車の販売店などに就職する場合になります。実際には仕事上マニュアル車を運転する機会はほぼないとは思いますが、未だにマニュアル免許を持っていないと採用しないとしている企業も少なくありません。

将来的にどんな仕事に就くのか、そういったことまで考えてマニュアル免許かオートマチック限定かを選ぶ必要がありますが、普通免許を取る方のほとんどが10代~20代前半になるため、なかなかそこまで見据えて考えられないのが現実だと思います。

しかし、それに対する救済措置もちゃんとあるので、必要以上に心配する必要はありません。例えば、マニュアル免許を選んでみたものの、想像していた以上に運転が難しくてオートマチック限定免許にすれば良かったと思うこともあります。実は自動車学校にマニュアル免許で入校しても、途中でオートマチック限定免許に変更することができます。しかも、オートマチック限定免許に変更した場合も最初からやり直しという訳ではなく、今まで受けた技能教習や学科教習はそのまま引き継がれるので今までの苦労も無駄にはなりません。

ただし、オートマチック限定免許で入校して途中でマニュアル免許に変更することは出来ません。オートマチック限定免許をマニュアル免許に変更したい場合はまずはオートマチック限定免許を取得してもらって、もう一度自動車学校に通う必要があります。「限定解除」と呼ばれていますが、オートマチック限定を解除してマニュアル免許に切り替えるものになります。限定解除は技能教習を4時限受けてから、自動車学校の場内コースで技能検定に合格すると晴れてマニュアル免許に切り替えることが出来ます。

最後になりますが、みなさんに特に知っておいて欲しいことは、マニュアル車という乗り物は運転が相当難しいということです。普段、家族の方が車を運転している姿を見ていると思いますが、とても簡単に運転していますよね。そういう風にいとも簡単に運転出来ているのは、車がオートマチック車だからなのです。私が自動車学校で働いていた時も、深く考えずにマニュアル免許を選んでしまって後悔していた教習生がたくさんいました。

自動車学校に入校する段階で、受付の方がマニュアル免許についてしっかりと説明し切れていないことにも問題がありますが、みなさん自身もよく調べてから選んで頂けると良いと思います。

  【関連記事】