技能教習について第1段階について

カーブが上手く曲がれない!

カーブが上手く曲がれない!

自動車学校に入校して技能教習で早々に練習するのが外周のカーブ。何でもないカーブですが、車で走ってみると思った以上に難しくてビックリした人も多いと思います。今回はカーブを上手く走るコツを紹介していきますので、技能教習の参考にしてください。

カーブを曲がる時に一番重要なことは目配りになります。車に慣れていない頃は緊張からどうしても視線が近くなり、上手く目配り出来ていないことがカーブを上手く曲がれていない主な原因となりやすいです。

技能教習中、担当の指導員から「もっと先を見なさい。目線を遠くに向けなさい。」とアドバイスされた経験があると思います。なぜ先を見る必要があるのか?それは車が進んでいる方向と進みたい方向のズレがよく分かるからです。下の画像で比べると分かりやすいですが、車から近い部分を見るのと遠い部分を見るのとだと、遠い部分を見る方がそのズレ具合が大きいのが分かりますよね。

これはカーブを曲がる時も同じことが言えます。カーブの場合には曲がる方向にしっかり顔を向けて、進むべき方向を目で狙うことが大事です。カーブが上手く曲がれていない教習生でよくあるのが、カーブに入り始めても前を見続けてしまうことです。具体的に目線を向けて欲しい場所としてはカーブに入り始めた時はカーブの出口辺りに目線を向けて、カーブの出口まで来たら次のカーブに目線を向けるという要領です。

最初のうちはペダル操作やハンドル操作に気を取られてしまって、なかなか上手く目配りが出来ないと思いますが、目線が近くなっていると感じた時は意識的に顔を動かして進む方向をよく見るように心掛けてください。前を走る車がいる時は、前に車を目で追いかけるように目配りするのもコツです。

次はカーブを曲がった後のハンドルの戻し方になります。カーブを曲がった後にハンドル操作が上手く出来ず、どうしてもふらついてしまうという方も多いと思います。まずは理想的なハンドル操作を見ていきましょう。下の画像でいうと、Bの地点でハンドルがまっすぐに戻っていると車はふらつかずにまっすぐ進んでいきます。

Bの地点でハンドルをまっすぐに戻るようにするためには、Bの地点よりも早いタイミングでハンドルを戻し始める必要がありますよね。ハンドルを戻し始めるタイミングはカーブの後半、Aの地点辺りから戻していくのが理想的です。ここでポイントは「戻し始めるタイミング(A地点)」よりも「戻し終えるタイミング(B地点)」の方が重要ということです。教習生の方でよくあるのが、Aの地点に差し掛かった時にハンドルを一気に戻してしまうことです。

下の2枚の画像が分かりやすいですが、Aの地点からハンドルを戻し始めて、Bの地点よりも前のタイミングでハンドルを戻してしまうか、後のタイミングでハンドルを戻してしまうかでふらつく方向も変わってきます。ハンドルは一気に戻さずに、Bの地点に差し掛かった時にちょうどハンドルがまっすぐに戻るように調節しながらハンドルを戻していくことがコツになります。

今回はカーブを上手く走るコツを紹介していきましたが、簡単そうに見えて実は難しいのがカーブです。カーブが難なく出来るようになるとその後の練習もスムーズに進んでいきますので、カーブが苦手という方はここで紹介したコツを意識して実践してみてください。