技能教習について技能検定について第1段階について第2段階について

信号の変わり目を攻略しよう

信号の変わり目を攻略しよう

信号が青色から黄色に変わった時にそのまま行くべきか、止まるべきか判断がとても難しいと思います。特に路上教習に出るようになると走行しているスピードもかなり速くなるため、所内コースを走っていた第一段階よりも難しく感じることでしょう。

信号が分かりやすいタイミングで黄色に変われば何の問題もありませんが、微妙なタイミングで信号が変わる時があります。そのまま行ってしまうにはちょっと強引な感じもするし、止まるには急ブレーキになりそう。いわゆる「ジレンマゾーン」と呼ばれるタイミングにハマってしまうことがあります。今回はそのジレンマゾーンの攻略法を説明していきますので、路上教習や卒業検定の参考にしてくだい。

まずは信号の意味からおさらいしてみましょう。みなさんは交通ルールでは、黄信号はどんな意味だったかちゃんと覚えているでしょうか。黄信号の意味は以下のようになっています。

【黄色の灯火】
車両及び路面電車は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

硬い文章なのでちょっと分かりにくいですが、黄信号は原則として「止まれ」という意味になっています。でも、信号が黄色になったタイミングが停止線のすぐ近くだったら、さすがに止まれませんし、無理に止まろうとすると急ブレーキで追突されてしまいそうですよね?なので、「ただし」の後に黄信号の例外が書かれています。「安全に停止することができない場合を除く」となっていますよね。

信号が黄色になった瞬間に停止線までの距離がどのくらいあるのか?その距離で安全に停止することができるのかどうかを判断して、安全に停止することができない場合はそのまま通過しても良いということになります。

でも、運転経験が少ない段階では、安全に停止することができるのかできないのかを判断すること自体が難しいです。どうすれば判断できるようになるのか?それは実際に何度も体験してみるしか方法はありません。

技能教習でも何度も信号の変わり目で出くわすことがあると思いますが、最初のうちは上手くいかなくても全然気にしなくて大丈夫です。信号の変わり目は上手くできないのが当然なので、上手くいかなかった時も失敗と捉えず経験を積み重ねていると考えましょう。

何度も信号の変わり目を体験していくうちに、走行中の車が止まるのにどれくらいの距離が必要なのかが段々分かってきます。そうすると、信号の変わり目になった時に「この距離ならそのまま通過できそう」や「この距離では急ブレーキになってしまう」といった感覚が少しずつ掴めてきます。

それでは、今度は具体的なジレンマゾーンの攻略法になります。ジレンマゾーンを攻略するポイントの1つ目としては「信号の変わり目を予測すること」です。知っている方も多いと思いますが、信号は歩行者用の信号の方が先に赤色に変わるようになっている場合が多いです。

なので、信号交差点に近づく時にこの歩行者用の信号を一度確認しておくのがコツです。そして、歩行者用の信号を見た結果、信号が変わりそうな場合はアクセルペダルを少し緩めてジレンマゾーンのタイミングをズラすことがテクニックです。さらにアクセルをゆるめるのはタイミングをズラすだけが目的ではなく、速度を落としておくといざ止まりたい時に止まりやすくもなります。

ただし、まれに歩行者用の信号が赤になっても自動車用の信号が黄色にならない場所もありますので、絶対ではないので注意してください。また、歩行者用の信号自体が付いていない交差点もあります。歩行者用の信号が付いていない交差点はどうするかというと、早めに信号を見て、青信号がどのくらい点灯し続けているかに注目します。

歩行者用の信号が付いていない交差点は大抵小さい交差点なので、だいたい60秒程度のサイクルで変わるようになっています。なので、信号が青色になって間もなければ黄色に変わる可能性は低い。反対に信号が青色の状態がかなり続いている場合は黄色に変わる可能性が高いといった具合で変わるタイミングを予測していくのがテクニックです。

ジレンマゾーンを攻略するポイントの2つ目としては、ジレンマゾーンを上手く処理することです。信号の変わり目を予測しても、どうしてもジレンマゾーンが避け切れない場合があります。ジレンマゾーンが避け切れなかった場合は「止まる」という選択肢がおすすめです。なぜ「そのまま通過する」という選択肢を選ばないのか?それは検定の場合に助手席に乗っている検定員に、補助ブレーキを踏まれてしまう可能性があるからです。

検定中に補助ブレーキを踏まれてしまうともちろん失格になります。そして、補助ブレーキを踏むかどうかの判断は、助手席にいる検定員の裁量に委ねられています。「そのまま通過する」という選択肢は、検定員の判断だけで全てが決まってしまうのでリスクがとても高いのです。反対に、「止まる」という選択肢はもし急ブレーキになってしまったとしても減点だけで済み、失格になることはないのでリスクは低いです。


それから、実際にジレンマゾーンの状態で止まる時は停止線で無理に止まろうとしないことがポイントです。どういうこと?停止線を越えてしまうと信号無視になるんじゃないの?と疑問を感じたと思いますが、赤信号の状態で停止線を越えてしまうともちろん信号無視になりますが、黄信号でブレーキをかけた時は止まり切れず停止線を越えたとしても信号無視にはならないのです。

ジレンマゾーンのタイミングでは、停止線で無理に止まろうとすると急ブレーキになりやすいです。なので、停止線でゆっくり止まることが厳しい場合は、停止線を越えて横断歩道の上辺りで止まることが急ブレーキを回避するコツです。みなさんも交差点の横断歩道を渡る時にたまに横断歩道上で止まってしまっている車を見掛けたことありませんか?実はその場合、急ブレーキを避けた結果の車であることが多いです。

それから、横断歩道上で止まってしまった場合はその場所にいると横断者の邪魔になってしまいますので、後続車がいなければ停止線までゆっくりバックして戻りましょう。もし、後続車が入ればバックする必要はなく、横断歩道上で信号が青色になるのを待てば大丈夫です。横断歩道上で止まったとしても減点にはなりませんのでご安心ください。

今回は信号の変わり目について説明していきましたが、技能教習においても実際に信号の変わり目に遭遇する機会はかなり少ないと思います。それ故に、信号の変わり目に苦手意識を持ったまま検定を受けざるを得ないのが現状です。実際に卒業検定でも信号無視で失格になってしまうケースがかなり多いので、まずは信号の変わり目を予測すること。そして、ジレンマゾーンにハマったら焦らず、ゆっくり止めること。この二つをちょっとずつで良いので意識してみてください。